助産院で強力サポート出産の期待~元気なBaby誕生~

原因を調べる

女性が原因だとしたら

妊婦

女性が不妊の原因である場合、検査方法はいくつもあります。 まず生理が順調に来ているか、排卵があるかを調べるために基礎体温の測定から始まります。これにより自身の体がどのようになっているのか調べることが出来るので、 不妊治療を始めるための第一歩と言えるでしょう。 そして婦人科にて内診を受けます。内診では内膜の厚さや子宮内のトラブルを診て行きます。この時に子宮筋腫や子宮内膜症などの原因が見つかれば手術などにより取り除きます。 また、卵管が閉塞していることも考えられますので、子宮から卵管に空気を通す検査もあります。不妊治療の検査では痛みを伴うものが多いので、乗り越えることが厳しいと感じる人も多いのです。検査の結果で治療方法が決まりますので何とか頑張りたいものです。

原因が自分では無かったら

数々に痛みを伴う不妊治療の検査ですが、女性に原因が見当たらない場合は男性の検査をするようになります。 病院で検査をする前日に夫婦生活を営み、子宮内にどの程度精子到達しているのか、どの程度の運動率があるのかを診る事で男性の不妊原因を調べます。 男性不妊は成人になってから高熱を出すなどした場合、精子を作る精巣がダメージを受けるのでそのような経験があれば医師に申し出ます。また、喫煙習慣があったりして血流が悪くなっている人もいますので漢方薬を処方して貰ったり、睾丸に冷たいシャワーを浴びる事もお勧めです。 不妊治療は夫婦二人での共同作業です。どちらに原因があっても妊娠の成立はありません。何より大切な事は相手を責めるのでは無く、お互いを尊重し協力する事なのです。